企業理念

代表のメッセージ

代表取締役 渡邊恭佑

NETOPTIONは2004年の創業し、ホームページ制作会社としてスタートし、
インターネット、オフィスセキュリティなど様々なソリューションを提供してまいりました。
お蔭様でこの2019年で16年目を迎えることができました。

私達は開業当初、「インターネットはもっともっと凄いことになる」…たったこれだけの想いで、
右も左もわからずにこの業界に飛び込みました。すでに数多くの同業社がいる中、後発での船出でした。
初めはわからないことが多すぎる中、どうして行けばいいのか? 常に不安との葛藤でした。

しかし、いつも答えは「できることから一歩一歩、出来る限り速いスピードで積み重ねる」でした。
これに勝る答えは見つかりませんでした。

「人を豊かにする」という企業理念を掲げ、困難に陥ったときは常にどの方法が「人を豊かにできるのだろう」と、
問いかけながら成長してきました。

そして、昨日の自分よりも今日の自分が確実に少しでも進化しようと各社員の努力が、今日の当社を支えています。
私達の想いは今も変わりません。

16年たった今でもやはり、「このインターネット関連事業の世界は今後10年先、20年先にもっともっと凄いことになる」…
そう確信します。

もうすぐ2020年の東京オリンピックが日本で開催されます。 今後ますます好景気に違いありません。

しかしながら、近年、稀に見る求人難と人材不足が日本経済に大きなダメージとなってのしかかってきています。
この現象は、今後間違いなく続きます。
少子高齢化社会が生んだ弊害です。
団塊の世代が抜けた2018年を境に、日本は今後ますます働き手不足が顕著にみられるようになり人口減少社会に突入します。

2020年には日本の女性の2人に1人は、50歳を超えます。
2024年には日本の人口の全体の3分の1の人間は65歳以上になります。
2033年には3戸に1戸は空き家になるといわれます。

このようなこれからやってくる未来に対し、弊社が今後やれることは何?近年よくそんなことを考えます。
その結果、2018年に純国産RPA(ロボット・プロセス・オートメーション)を開発し市場に提供し始めました。

今後、日本経済になくてはならないキーワードは「無人化・自動化」です。
この波はとまりません。
ここからの未来はRPAを初めとするAI・IOT技術の発展が急務です。

ズバリ人手不足を解消するのは、ロボットだと思います。

そしてまた、近年アジア各国が好景気に沸き、中国、韓国、台湾を中心に数多くのアジア人が日本を訪れています。
そしてこれからは、東南アジアの人々の日本訪問がますます多くなることは間違いありません。
日本は間違いなく世界有数の移民大国になっていくに違いありません。

経済を支え続けるには仕方がないことです。
日本人からアジア人へ…・・・・・・・そして「無人化・自動化」
これがこれからのキーワードだと想います。

今後、ますます世の中が大きく変化していく中で、今の私たちができることは、
人手不足をできる限り解消するすべを世の中に提案することだと思っております。

それが、企業理念でもある「人を豊かにする」ということである… そう信じてます。

2019年 吉日

Please choose the language to translate this page!